RとRStudioとパッケージのアップデート方法

Rにインストールされているパッケージは自分でアップデートする必要があります。
自動でアップデートをお知らせする機能は搭載されていないようですね。

ちょっと引っかかったのはR自体のアップデートとパッケージのアップデートの方法が異なるという点です。
ご注意ください。

スポンサーリンク

Rのアップデート

基本的にはRのインストーラーを入手してインストールし直せば完了です。

まず自身のRのバージョンを確認します。
Rで以下のコードを実行するだけです。

Rのバージョン確認

version

次にRが配布されているCRANにアクセスします。
中断くらいに最新の更新日が記載されています。

私の場合は数ヶ月前のバージョンを使用していることがわかります。

次にインストーラーをダウンロードします。

インストーラーのダウンロードが完了したら実行してインストールします。
そのままの設定で指示に従い、インストール完了すればアップデート終了です。

RStudioのアップデート

RStudioを立ち上げて、HelpメニューのCheck for updatesをクリックします。
アップデートがある場合は「Update Available」というウィンドウが表示されますので、Quit and Downloadをクリックします。
その後、表示されたWebサイトからインストーラーをダウンロードします。
そのままの設定で指示に従い、インストール完了すればアップデート終了です。

パッケージのアップデート

以下のコードをR(もしくはRStudio)で実行すればアップデートされます。
普段アップデートしていないのであれば、数分程度は時間がかかると思います。

これはWindowsだけかもしれませんが、RStudioを管理者権限で立ち上げておかないとエラーが発生する可能性があるのでご注意ください。

パッケージのアップデート

# パッケージアップデート(個別に確認ダイアログが表示される)
update.packages()

# パッケージアップデート(問答無用ですべてアップデートされる)
update.packages(ask=FALSE)

# おまけ1: アップデート可能な古いパッケージをリストアップする
old.packages()

# おまけ2: 任意のパッケージをアップデートする
install.packages("ggplot2")
スポンサーリンク